妻を殺害した疑いで現職の長野県議会議員だった丸山大輔被告が逮捕されてから28日で1年です。早ければ年内にも公判前整理手続きが始まり、年明け以降に、裁判員裁判が行われる見通しだということです。

丸山大輔被告(2022年9月):
「(犯人が)早く出てきて、自分から出てくれればそれに越したことはないなと。何かどこかでバチでも当たれ、と思いますけど」

妻が殺害されてから1年たったときのインタビューでこう答えていた丸山大輔被告(49)。

当時は、現職の県議会議員でしたが、1年前の28日、妻を殺害した疑いで逮捕され、その後、起訴されました。

起訴状などによりますと、丸山被告は、2021年9月29日の午前1時44分から3時4分ごろの間に、塩尻市の酒蔵兼自宅で妻の希美さん(当時47)の首を何らかの方法で圧迫し殺害したとされています。

丸山被告は当初、「当日は長野市の議員会館にいた」と容疑を否認していました。

しかし、警察の調べでは被告の車が深夜に自宅周辺まで移動していた様子が複数の防犯カメラなどで確認されたということです。

警察は夫婦の間に女性関係や酒造会社の経営をめぐってトラブルがあった可能性があるとみて捜査を進めていました。

逮捕から1年。丸山被告は、弁護人からの問いかけには、はっきりと応じているということです。

ただ、弁護人は、事件についてどのような話をしているかや、裁判での方針については「コメントを控える」としています。

関係者によりますと早ければ年内にも公判前整理手続きが始まり、来年、裁判員裁判が開かれる見通しだということです。

長野放送
長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。