九州では、13日夜から再び大雨となるおそれがあり、さらなる災害に厳重な警戒が必要となる。

甚大な被害が出ている九州では、13日夜から14日午前中にかけて、北部を中心に、再び「線状降水帯」がかかる可能性があり、ところどころで、雷をともなった非常に激しい雨が降る見通し。

14日朝までに予想される雨量は、いずれも多いところで、九州北部で200mm、九州南部で100mmとなっている。

土砂災害や河川の氾濫が起こりやすくなっている中、さらなる災害の発生に厳重な警戒が必要となる。