12日夜の雨の見通し。

12日夜は、西日本を中心に雨雲が広がり、日付が変わってからは、活発な雨雲が西から近づく。

13日の夜遅くには、九州や山陰、北陸などで次第に雨脚が強まり、14日にかけて大雨となるおそれがある。

14日夕方にかけて予想される雨量は、多いところで、九州北部、四国で200~300mm、九州南部で100~200mm、近畿や東海などで150~250mmなどとなっている。

土砂災害や河川の氾濫などに、再び警戒が必要。

また、13日の日中は、九州を中心に暑くなり、予想最高気温は、熊本・人吉市や福岡・久留米市で31度など、各地で真夏日になる見込み。

復旧作業中の熱中症に、十分な注意が必要。