宮城県内では11日、新型コロナウイルスの新たな感染者が4人確認されました。このうち2人について県が会見を開き感染状況を説明しました。

新たに感染が確認されたのは登米市内の50代の男性会社員と、七ヶ浜町内の20代の男性会社員です。このうち50代の男性は3日に感染が判明した20代の女性の濃厚接触者として健康観察が行われていました。

20代の男性については感染経路は不明です。いずれも重篤な状況になく、感染症指定医療機関に入院する予定です。

一方、仙台市はほかに、市内に住む30代の男性と10代の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

詳しい感染状況などについては今後会見を開く予定です。これにより宮城県内の新型コロナウイルスの感染者数は、既に快復した人を含めて104人となりました。