球磨川の氾濫により多くの住宅が浸水被害を受けた人吉市蟹作町の東間コミュニティーセンターで10日、災害ボランティアの受け入れが始まりました。午前9時、県内から訪れたボランティアたちが列を作りました。「自分たちが被害に遭ってボランティアが来てくれたらうれしいから」(あさぎり町から来た高校生)「少しでも被災者依頼主のためになれば」(宇城市から来た男性)と話しながら、検温や消毒をして片付けの手伝いへ。永井耕一さんの住宅は1階部分が浸かり、家財道具がすべて外に出されていて、ボランティアたちはスコップを使って泥のかき出し作業を行いました。「みなさん汗びっしょりになって(やってくれている)。今回ばかりは思いきり甘えさせてもらった。自分ひとりではどうしようもないから」と永井さん。人吉市社会福祉協議会によりますと、10日は定員200人のうち約60人だっということで、11日以降も受け付けます。【ボランティア依頼電話090-5288-1317】【ボランティア受け付け電話090-5731-9259】