セネガル代表の攻撃の中心サディオ・マネ選手

FIFAワールドカップ・セネガル代表の攻撃の中心選手はFW・サディオ・マネ選手。高い身体能力と突破力が武器のドリブラーだ。目印は金のラインが入った髪型だ。

アフリカのチームと言えば、フィジカルの強さを活かしたパワーやスピードのあるサッカーだと思われがちだが、セネガルは細かいパス回しなど高い組織力が特徴でもある。そんなセネガルサッカーのルーツを現地取材でフォーカスする。

高い身体能力に加え高い組織力を誇るセネガル

セネガルの組織的なサッカーは一体どうやって育まれたのだろうか。セネガルの首都ダカールにあるプロサッカークラブ。ここでは約100人の選手が5つのカテゴリに分かれてトレーニングしている。指導しているのはフランス人のコーチ。フランスの強豪クラブと提携しているため、指導方法もサッカー先進国のフランス式だ。

選手の育成はフランス式で規律正しいサッカー

取材に訪れた記者を全員そろって起立して出迎えるなど、若い選手にもチームが一つになって行動する意識がしっかり身についている様子が伝わってきた。

フランス人コーチもセネガル人選手の特徴を次にように語る…

アラン・オリオ強化担当コーチ
セネガル人の選手は並外れた運動能力を持っています。さらに育成されるチャンスがあれば、とても面白い選手になれる 


身体能力に規律も加えたセネガル代表のFIFAランキングは、2009年には89位だったが2018年には27位右肩あがりだ

16年ぶりのワールドカップ出場で波に乗っているセネガルに、日本はどう立ち向かうのか
日本の決勝トーナメント進出がかかる一戦は6月25日午前0時キックオフだ。