3歳の娘を8日間自宅に放置し、餓死させた疑いで母親が逮捕された事件で、母親が「子育てに疲れたから、リラックスしたかった」と供述していることがわった。

梯沙希容疑者(24)は6月、知人男性に会うために鹿児島県へ出かけ、娘の稀華(のあ)ちゃん(3)を東京・大田区の自宅に8日間放置して、餓死させた疑いが持たれている。

梯容疑者は、旅行に行った理由について、「子育てに疲れたから、リラックスしたかった」と供述していることがわかった。

梯容疑者は、稀華ちゃんに3歳児健診を受けさせていなかったということで、警視庁は、育児放棄に至った経緯について調べを進めている。