セネガル戦で本田圭佑選手が同点ゴール!

日本2ー2セネガル 

日本時間25日(月)、2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループステージ第2戦で日本代表はセネガル代表と対戦、個々のフィジカルで優位に立つセネガルに2度にわたってリードを許すも、乾貴士選手と本田圭佑選手のゴールで2ー2の引き分けに持ち込んだ。
この結果、日本は勝ち点2を獲得、通算の勝ち点を4とし、グループリーグ突破に大きく前進した。

日本初W杯3大会連続&アジア歴代最多得点

英メディア・スカイスポーツの記事によると、W杯3大会連続で日本人選手が得点するのは史上初で、W杯4得点はアジア勢における大会歴代最高タイ記録となった。
本田は、2010年南アフリカ大会のカメルーン戦とデンマーク戦、2014年ブラジル大会のコートジボワール戦、今大会のセネガル戦と、W杯通算9試合に出場して4得点を記録している。

SNSでは「本田△」「本田さんごめんなさい」

W杯開幕前、本田選手に対する批判的な声が数多く上がっていた。

「本田は走れない守れない」
「ホンダは代表に必要ない」

といったものだ。

ところが、初戦のコロンビア戦での大迫勇也選手の決勝ゴールアシストに続き、セネガル戦での値千金同点ゴールを決めると一転、本田選手への評価が急回復、SNS上では

本田選手ごめんなさい
「正直もう無理だろうって思ってました」
「日本国民よ、本田圭佑にごめんなさいしよう」
「ケイスケホンダは持ってる。要らないって言ってごめんなさい」

といった本田選手への謝罪ツイートが数多く投稿され、反対に

「本田△(さんカッケー)」

というネットならではの称賛ワードがSNS上にあふれる事態となった。

「半端ないって」弁当の母が“敬礼ポーズ”を再現

「さいとー大地@お弁当さん」ツイッター
この記事の画像(4枚)

コロンビア戦に勝利した日の2日後の21日(木)、「半端ないって」を描いたキャラ弁がツイッターに投稿されて話題になった。

知人らが同じ画像を投稿した分も含めると、“リツイート”は3.5万、“いいね”は12万(23日現在)を超える反響を呼んでいた。

投稿したのは静岡県在住の高校生「さいとー大地@お弁当さん」。

「俺の弁当半端ないってw」というツイートと共に投稿された画像は、白いご飯の上に、「OSAKO HANPA NAITTE」の文字と中西さんの顔を海苔で描いた見事なキャラ弁だった。

その「さいとー大地@お弁当さん」が25日昼にツイッターに投稿したのは、本田選手のキャラ弁だった。

「さいとー大地@お弁当さん」ツイッター

セネガル戦で同点ゴールを決めた本田選手は、同じく途中出場した岡崎慎司選手と顔を見合わせると茶目っ気たっぷりの表情で右手をおでこにかざす“敬礼ポーズ”を披露する。

2015年1月のアジアカップイラク戦で、PKを決めた本田選手が岡崎選手とポーズしてから約3年半ぶりの“復活”だった。

この“敬礼ポーズ”がネット上でも話題を呼んでいて、

「めっちゃ気に入ってるw」
「敬礼ポーズ懐かしかったな」
「頭から離れない」

といった声が相次いだ。

この印象的なゴールパフォーマンスに注目した母親が、ピッチの上ではなく、息子の弁当上で見事に再現した。

話題のお母さんはキャラ弁作りが大好き!

「母親はよくキャラ弁みたいなものを作ってくれるんです」

「さいとー大地@お弁当さん」母親インスタグラムより

「さいとー大地@お弁当さん」の母親は息子のためにキャラ弁を作るのが日課だそうで、実際、母親のインスタグラムには数多くのキャラ弁が投稿されていた。

キャラ弁作りを始めたきっかけを聞くと
「上の子が中学生になって、部活でお弁当を持ってくことになったんですけど、普通の弁当はつまらないなと思った」
からだと教えてくれた。

決勝トーナメント進出をかけた最終節ポーランド戦は28日午後11時キックオフ

日の丸チームの勝利を見届けてから、「さいとー大地@お弁当さん」の母親が作るお弁当が投稿されるのを楽しみに待ちたい。

「2018FIFAワールドカップ」関連記事をすべて見る!