いよいよクリスマス。2019年はクリスマスイブの前後3日間が30年ぶりに平日となり、外食ではなく自宅でパーティーを予定している人も多いようだ。そこで欠かせないものといえば?

女性A:
クリスマスはピザのイメージがあります。

女性B:
よく食べます。

そう、家にいながらさまざまなメニューをアツアツで楽しめる「宅配ピザ」。12月はクリスマスの影響もあってか、1年で最も需要が多くなる月。そのため、ピザ大手3社もメニューに熱いこだわりを見せている。

ドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 営業部長 柿内宏之さん:
本当に美味しいピザを一生懸命お届けしたいと思います。

「ピザーラ」を運営するフォーシーズ マーケティング本部 執行役員 恩田克己さん:
1年のクライマックスと考えて、長い間時間をかけて準備をしてまいりました。

日本ピザハット マーケティング部課長補佐 中俊博さん:
思い出に残るパーティーの食事にしていただけたらうれしいです。

今回の「スゴ撮」は、宅配ピザ大手3社がいま最もオススメする限定ピザを調査。さらに、各チェーンのお得情報もお届けする。

【ドミノ・ピザ】相性抜群のサーモン&ビーフをそれぞれ2種類の味で

最初は「ドミノ・ピザ」。一番人気の「クワトロ・ジャイアント」(Mサイズ税別2100円、Lサイズ税別3200円)をはじめ、メニューは全部で55種類。

この冬、勝負をかける限定メニューは?

ドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 営業部長 柿内宏之さん:
シェフのごとく、おいしい今年一番のピザを作り上げました。

その自信作が「クワトロ・シェフズ プレミアムセレクション」(Mサイズ税別2800円、Lサイズ税別3900円 ※一部地域では価格が異なります)。

「クワトロ」とは数字の4という意味で、文字通り1枚で4種類のピザが味わえるのだが、このメニューの特徴は「スモークサーモン」と「ブラックアンガスビーフ」がそれぞれ2種類の味で楽しめること。

「バジルマヨ」と「北海道カマンベールチーズ」がある「スモークサーモン」をいただいてみると…

藤本万梨乃アナウンサー:
サーモンのホロホロとした食感の中に塩気が少し入っていて、チーズとの相性もバッチリです。

一方の「ブラックアンガスビーフ」は、甘辛い「グレービーソース」と「ガーリック」のタイプの違う2つを味わうことができる。

国内ナンバーワンのシェアを誇る「ドミノ・ピザ」は、おいしさを追求する上で、全体的な提供スピードを重視していて、配達に行ったドライバーが店内に戻る時間を削減するために、2019年から新たに忙しい時間は厨房からドライバーへピザを中継する“ランナー”というポジションを導入した。

では、1枚のピザを作るのがどれほどのスピードなのか?達人・高橋さんの調理工程をスゴ撮。
まずは生地作りから。材料を手際よく両手でクルクルとこねると、丸いピザの原型が完成。

生地をこねる「ドミノ・ピザ」の達人・高橋さん

そこにトマトソースとホワイトソースを塗ってチーズを乗せ、ピーマン、スモークサーモン、アンガスビーフ、マヨネーズやガーリックをトッピングして、あっという間にオーブンへ投入。この時点でかかった時間はわずか1分40秒だ。

ドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 営業部長 柿内宏之さん:
時間をいかに圧縮して、1分でも1秒でも早くお届けする。

その「ドミノ・ピザ」からお得情報。毎週水曜日はMサイズのピザが3枚で2400円(税別)になるサービス「ビッグウェンズデー」があるが、2019年は12月25日も利用可能だという。(※冬季限定ピザは対象外)

【ピザーラ】人気のカニマヨが格安「よくばりクォーター」に登場

続いては「ピザーラ」。ビーフステーキを使った「ステーキクォーター」(Mサイズ税別2860円、Lサイズ税別4540円)など…

全部で48種類のメニューがあるが、いま人気ナンバーワンという限定メニューは?

フォーシーズ マーケティング本部 執行役員 恩田克己さん:
この冬は、ピザーラのカニがMサイズ1980円(税別)で楽しんでいただけます。

20年以上に渡り人気を集めてきた冬の定番食材であるカニが、この冬初めて「よくばりクォーター」の1種類として楽しめるという。それが「カニのよくばりクォーター」(Mサイズ税別1980円、Lサイズ税別3150円)。

1枚で「プルコギポテト」「もち明太子」「特製ミートソースとマスカルポーネのピザ」といったメニューが楽しめるのだが、何といっても注目はカニを豪快にトッピングした「ピザーラ カニマヨ」。

さらに、カニの身やうま味などを凝縮したという「特製クラブソース」で、おいしさを引き立てている。
ピザーラのピザへのこだわりは他にも…その様子を撮影させていただいた。

生地は小麦粉本来のうま味を最大限に引き出すため、その日の天候や気温に応じて、発酵時間を調整するという。それをゆっくりと優しく丁寧に伸ばしていく。

そして、ピザに乗せるトッピングの食材にもこだわりがあるという。

フォーシーズ 宣伝・広報部 北原一樹さん:
トマトやマッシュルームはフレッシュなものを使用しておりまして、お店で包丁でカットしてから使用しています。

完成した1枚のピザには、ピザーラのこだわりが凝縮されていた。

【ピザハット】人気常連・ローストビーフをミルフィーユ仕立てに

最後は「ピザハット」。これまで5000万枚以上を販売した「特うまプルコギ」(Mサイズ税別2500円、Lサイズ税別3900円)をはじめ…

全32種類のメニューがある。

中でもこの冬のイチオシは、4種類のピザが楽しめる「こだわりプレミアム4」(Mサイズ税別2900円、Lサイズ税別4500円)。

「プレミアム・マルゲリータ」やオマール海老と紅ずわい蟹を使った「オマールシーフード」、厚切りのイベリコ豚を使った「贅沢イベリコポテト」といった高級食材を使ったピザが、1枚に勢揃い。

そして、特に力を入れているという注目のピザが、アンケートで「冬の人気メニュー」として毎回上位にランクインしているという「特製ローストビーフ」だ。
それをミルフィーユのように何層にも重ねた一品。5年に渡る開発の末、焼き上がった後もしっとりとした食感を出すことに成功した。

藤本万梨乃アナウンサー:
柔らかいです!次から次へとローストビーフの味が広がります。

この「こだわりプレミアム4」はどのように作られているのか?ピザハットの国内競技会で優勝した経験を持つアルバイトの吉野栞那さんに見せていただいた。

手際よくトッピングを次々と乗せ、「特製ローストビーフ」を豪快に生地の上に広げていく。

オーブンで8分焼いてピザの完成だ。とここで、吉野さんの技が光る。手にしたのは大きな半月状のナイフ。

それを使って、ダンダンダンとリズミカルにピザを12等分にカットした。すごいのはスピードだけでなくピザ1枚1枚の大きさで、誤差はほとんどない。

そんなピザハットからもお得情報が。2020年1月6日までピザ全品が、デリバリーだと30%オフ。テイクアウトだと50%オフになるというキャンペーンを実施している。(一部の店舗を除く)

3社ともこだわりの食材を使った個性豊かなピザを組み合わせた商品を展開していた。注文方法によってお得なサービスを受けられることもあるので、公式サイトなどで情報をチェックしてお好みのピザを注文し、楽しいクリスマスを過ごしてほしい。

(「めざましテレビ」『スゴ撮』12月17日放送分より)