主演に綾野剛、脚本に宮藤官九郎、監督を石井岳龍が務める映画『パンク侍、斬られて候』が6月30日、全国公開された。
 

『パンク侍、斬られて候』(C)エイベックス通信放送
この記事の画像(5枚)

企画制作は映像配信サービスの「dTV」。12万以上の映像作品を月額500円で楽しめるサービスだ。

映像配信事業者が実写映画を作るのは日本初。この取り組みは、今後の映像配信事業の未来を変えるかもしれないと注目されている。

dTVが「映画を作る」という新たな事業を始めた狙いなどについて、伊藤和宏プロデューサーに話を聞いた。
 

「配信事業者も映画を作ってダメでしたっけ?」

伊藤和宏プロデューサー


――『パンク侍、斬られて候』という刺激的なタイトルの映画ですが、一番の見どころは?

一番の見どころを言うのが、難しいんですよね。すごく断片的な話になってしまうので。「ここが面白いですよ」と言うと、トータルの作品の魅力がそがれちゃうんだろうなと。綾野剛さんや北川景子さんなど豪華なキャストが出ていて、宮藤官九郎さんをはじめ豪華なクリエイターが作っているということも、そのこと自体では映画の魅力を言い表せていない。一言では言えないというのが、この作品の持ち味なのかなと思います。

映画って、一言で伝えられるようなものにしないとヒットしないと教えられ、僕もそう思ってきましたが、この作品は一言で表してくれと言われても言えないんですよね。それがこの作品に関しては悪いことじゃない、むしろ今までだと一言で語れるような作品しかなかったのではないかと。僕らはオンリーワンの作品を作っていると思っているので、一言で説明できないということもオンリーワンの作品なのかなと。
 

――映画を作っていて、楽しかったことは?

僕らの共通認識として、誰も見たことがない面白いものを作りたいというのがあったんです。映画は比較的マーケティングで「これがヒットするだろう」と予測を立てて、それに向けて作ることが多いので、同じようなものになると思っています。

この作品って、全然そういうところに向かっていないので、キャストもスタッフも、普通なら怒られちゃうことを「これ、台本と変わっているけど、やっていいかな?」「いいよ、だって面白くなりそうじゃん」で突き進んでいくし、現場はとても楽しかったです。

 
――「映画」と「配信動画」の違いはありますか?

「作り方」に関しては全くないと思います。尺の問題は考えましたけど。お客さんにとっても何が変わるかというと、僕は変わらないと思います。映画にすることのメリットで言うと、たぶんテレビ局が映画を作ってきたことと同じ感覚で「配信事業者も映画を作ってダメでしたっけ?」という感じで、そんなに新しいスキームじゃないと思うんです。映画というのは映像コンテンツの中ではお金が一番直接的に稼げるビジネスなので、今回は一度、映画で収益を上げるというモデルという位置づけで考えました。
 

「企画を立てているうちに、映画にした方がいいんじゃないの?」

 


――dTVだからこそできたという特徴は何かありますか?

dTVがNetflixやAmazonと根本的に違うのは、僕らは制作部門を元々持っているんですよね。二次コンテンツの配信もしていますが、自分たちで作ったら、権利もすべて取れるし、ヒットしたら続編も自分たちで作ることができるし、作っちゃった方が早いじゃんと。


――それで映画を作ろうと?
 
この作品、もともと配信コンテンツを作るつもりで考えていたんですよ、最初は。「映画のビジネスをやろう!」と思って「何かいい企画ないか」と探したのではなくて、「企画を立てているうちに、映画にした方がいいんじゃないの」と自然な感じで映画が作られていきました。

配信事業者は、フジテレビのFODなど、いっぱい増えているじゃないですか。ちょうど3年くらい前にNetflixやAmazonプライムなどが来て、「黒船じゃー」とこのまま普通に指をくわえていたら衰退しちゃうのではないかという焦りや、勝負しなきゃいけないという危機感はあったんですよね。では、何で勝負するのかというと、価格競争になると絶対に勝てないので、それならオリジナルを強化するしかないという考えに至りました。オリジナルコンテンツで、映画会社もテレビ局も配信事業者もできないようなすごいものをやろうと。
 

――時代劇でありながら、現代社会につながる課題も描かれていますね。

原作を読んだとき、「パンク侍」は僕なのではないかと思いました。サラリーマンって大変じゃないですか。中間管理職じゃなくても上がいて下がいて。そもそも世の中の構造があって。僕はサラリーマンものとして読んだんです。

「侍」となるとどうしても遠い話になってしまいます。「会社」と考えると意外にシンプルになりました。ゆとりの社員もいるし、全く融通が利かなくて正論ばかり吐いている経営者がいるし、裏でいろいろと画策するけれど、いざとなったら逃げちゃう人もいる。そういった登場人物が本当にうまく配置されていたので、そんな切り口で考えていくと見やすくなるのではないかという議論をして作りました。

でも、僕らが目指していたのは娯楽エンターテインメント。小学校のお子様からお年寄りまで見られるエンターテインメントを作ったつもりなので、気軽に楽しんで見てほしいです。

 

『パンク侍、斬られて候』(C)エイベックス通信放送

『パンク侍、斬られて候』ストーリー(公式サイトより)

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが……。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる。

http://www.punksamurai.jp/