決勝トーナメント初戦の相手はベルギー

2018FIFAワールドカップのグループステージ最終戦。
日本はポーランドに惜しくも敗れたが、決勝トーナメント進出を決めた。

日本はセネガルと得失点差などで並んだが、イエローカードの枚数によるフェアプレーポイントでセネガルを上回り、グループHの2位を死守した。

そして、決勝トーナメント1回戦の相手は、イングランドを下してグループGの1位になったベルギー。
FIFAランキング3位で、優勝候補にも挙げられている強豪だ。

そのベルギーと西野ジャパンはどう戦うのか?
戦いに勝つためには、相手を知ることから始めなければならない。ということで、ベルギーとはどのような国なのか調べてみた。

まずは基本情報。
正式名称「ベルギー王国」は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。
隣国にはオランダ、フランス、ドイツ、ルクセンブルクがあり、日本の九州よりも小さい30,528平方キロメートルの国土に、約1132万人が住んでいる。

首都は、小便小僧の像やEU(欧州連合)本部がある都市として有名なブリュッセル。
ベルギー出身の著名人には、画家のマグリットやルーベンス、格闘家・俳優として活躍するジャン=クロード・ヴァン・ダムなどがいる。

そんなベルギーの人たちは、どんな暮らしをしているのか? ワールドカップの盛り上がりは?
ベルギー・フランダース政府観光局の担当者に聞いた。

フライドポテトは「ベルギー人の誇り」

ベルギーと聞いて、最初に「ビール」を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。
“ビール大国”とも言われるベルギーには、アベイビール、グーズやランビック、フルーツビール、赤や茶色の伝統エール、トラピストビールなど、2000種以上のビールがあるといい、その品質は世界的に知られている。

ーーベルギービールの特徴は?

特徴は、大きく3つあります。
(1)様々なフレーバーが存在し、自家製レシピにこだわりがある
ビール醸造の規制がドイツなどと比べると緩く、ハーブなども昔からよく使われていました。

(2)たっぷりの泡でその香りを閉じ込める
ホップの使い方と飲み手の好みによって違いが生まれます。例えば、イギリスのビールは泡が少なめです。

(3)ビールグラスの種類が豊富
それぞれのビールを一番おいしく飲めるよう、様々な形・大きさのグラスが用意されています。

ユニークなものだと、ブリュッセル郊外のパヨッテンランドという地域の「ランビック」があります。
天然酵母を使って作られる、酸味の強い通好みの有名なビールです。瓶内発酵して数年寝かせ、ワインのように味わったりします。

(c) Milo Profi copyright always obligatory

ーーチョコレートやワッフルも有名だが、ビールとの相性は?

ビールと食事のフードペアリングも盛んで、レストランでは料理に合うビールを出してくれます。
カカオ風味のビールや果物を使った甘めのビールが、チョコレートなどのデザートといっしょに出されることもあります。

ーー国民食にはどんなものがある?

黄金色をしたフライドポテトは、ベルギー人の誇りです。
おいしいフライドポテトを作る努力を惜まず、ビーンチュという専用のジャガイモと、おいしく食べられるカット技術があります。
また、食べる直前に2度揚げすることで、ほくほくでアツアツのフライドポテトができあがります。 
一番人気の食べ方は、揚げたてをコーン型の紙包みに入れて、上からマヨネーズをかけたもの。

料理のつけ合わせとしてよく食べられていますが、街中で気軽につまむ軽食としても定着しており、ベルギーにはフライドポテトの店が4,643軒あります(2016年データ)。
どんな小さな村にもフライドポテト屋があり、国民の半数以上の人が、週に一度はフライドポテトを食べています。

他にも、牛肉のビール煮込み、ムール貝のワイン蒸し、ユネスコ無形遺産のエビ漁で知られる小エビを使ったコロッケなども有名です。

ベルギー・フランダース政府観光局より

店舗は日曜休業! 漫画も有名

ベルギーについて調べていると、「日曜日にはお店が営業していない」「ベルギーの人はバカンスのために働いている」という情報をよく目にした。

ーーこれらは本当?

日曜日は観光地のスーパーなどを除き、店舗はほとんど営業していません。
バカンスのために働いているといわれるのは、フランス人だと思いますが、ベルギー人もすこし近い部分はあると思います。
長い休暇を年に1~2回取ります。ほとんどの人が7月~8月に2~3週間の休みをとります。


ーー日本のアニメ『フランダースの犬』最終回の舞台は、ベルギーと聞きましたが?

ネロとパトラッシュが力尽きる直前のシーンで、ルーベンスの『キリストの降架』の絵画を見上げる場所は、アントワープ聖母大聖堂です。
『フランダースの犬』の原作はイギリスの児童書ですが、一般的には知られていないと思います。
アントワープの人には割と知られていますが、それも日本人がたくさん見に来るということで、その存在を知った部分が大きいと聞いています。

漫画もベルギーのなくてはならない文化のひとつです。欧州漫画というジャンルができる過程で、フランスとともに、重要な役割を果たしてきました。 スマーフやタンタンといったキャラクターは、日本でもよく知られているのではないでしょうか。

ブリュッセルのショッピング通り(ベルギー・フランダース政府観光局より)

W杯熱は最高潮「攻め合う試合になりそう」

ーーベルギー国民はどんな人たち? 日本のことを知っている?

私個人の感想ですが、細やかな心があり、あたりも柔らかく穏やか。でも芯はしっかりと強かったりします。
レースやタペストリー、繊細な料理やビールをたくさん作っていることから手仕事が得意・細やかで、そういう点は、少し日本人と似ているかもしれません。
何をもって認知度があると言えるかわかりませんが、日本人に対して、友好的で優しい人が多いです。


ーーW杯は盛り上がっている?

めっちゃ盛り上がっています。

ーーベルギー代表のマルティネス監督は、「日本はダイナミックなチームだ。接戦になるだろう」と予想していますが、どのような試合になると思う?

これももちろん、個人的な見解ですが、ベルギーはタレントが多彩で、攻撃力あるチームなので、引きこもることなくオープンな試合をすると思います。
日本も高いテクニックの選手が多いので、2002年のW杯で対戦したときのような攻め合い、点の取り合いの試合になりそうです。



“サムライブルー”日本は、“赤い悪魔”ベルギーを相手に史上初のベスト8進出を勝ち取ることができるのか!?
注目の試合は、日本時間7月3日(火)午前3時キックオフだ。

「2018FIFAワールドカップ」関連記事をすべて見る!