静岡県は7日午後5時から記者会見し、新型コロナウイルスの新たな感染者2人について説明しています。県内の新型コロナの感染者はこれで90例目となります。

2人は伊東市に在住の同居家族です。

◆89例目◆

高齢者で性別の非公表です。県外で調理従事者として勤務していました。

6月28日から29日に、県外の宿泊施設へ90例目を含む家族と旅行へ行っています。

29日に38度の発熱や咳、関節痛などの症状がでていて、県はこの日を発症日としています。

7月1日にも37度台の発熱があり、自家用車でマスクを着用し医療機関を受診。

風邪薬を処方されていました。

3日は自家用車で県外の勤務先に向かい、5日までマスク着用で社員寮へ宿泊しながら勤務していました。

6日に県外の勤務先から帰宅しましたが、発熱、息苦しさが続くため帰国者・接触者相談センターを受診。抗原検査を実施し、陽性が判明しました。

現在は発熱と息切れの症状があるということです。

◆90例目◆

90例目の成人(高齢ではない)も性別は非公表です。

県内・県外の勤務先で飲食店従業員として勤務しています。

6月21日には東京都内の感染症発生施設を利用していいました。県はこの施設が感染源だと考えています。

23日には県外で、24日には県内で勤務しています。25日に37度台の発熱がありましたが、家族の付き添いとして医療機関Bを訪れています。

27日以降発熱はなく、7月1日から4日も県内の勤務先で勤務していましたが、89例目の同居家族が要請となったため、6日に帰国者・接触者相談センターを受診、陽性が判明しました。

県は90例目から、89例目へ感染したと考えています。