17日、北海道釧路市の駐車場で、77歳の男が運転する車に親子がひかれ、4歳の女の子が死亡した。
男は、自宅の車庫入れもおぼつかない状態で、周囲に「次の免許更新はしない」と話していた。

高齢者の車に女の子がひかれる

17日、北海道釧路市の駐車場で、高齢者が運転する車に親子がひかれる事故が起き、4歳の女の子が死亡した。

この記事の画像(11枚)

逮捕された77歳の男は、女の子を2度はねていた可能性がある。
目撃者によると、親子をはねて別の車にぶつかり止まった後にバックして、再び女の子をひいたとみられている。

男は最近は運転をしておらず、自宅の車庫入れもおぼつかない状態で、周囲に「次の免許更新はしない」と話していた。

母を失った娘が思いを語る

高齢者の運転事故は、後を絶たない。

2022年に札幌市で、当時79歳の女が運転する車が暴走したケースでは、70歳の女性がひかれ死亡した。
母親を失った娘は、「お別れを言うこともできず、感謝を伝えることもできず、『母に見せてあげたかったな』とか『これ母もやりたかっただろうな』とか、そんなことばかり(考える)。(私が物事を)全身全霊で楽しむというのは、多分これから死ぬまでないと思う」と語った。

北海道で起きた過去5年間の踏み間違いによる事故は446件中、223件が65歳以上の高齢ドライバーによるもので、20人が死亡している。
(「イット!」 10月19日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(11枚)