<熊本県をはじめ九州北部で豪雨となったメカニズム>

暖かい空気と冷たい空気が今年はせめぎ合っていて、梅雨前線が動かない。

そこに中国南部からの湿舌(湿った空気)の流れ込みと朝鮮半島からの寒気の渦巻きこれが合わさり積乱雲の雲列ができた。

これが熊本・九州北部で強い雨を降らせている。

梅雨前線が北上すると日本海に雨雲が進んでくる。そうすると会津でも豪雨のおそれ。

<ハザードマップの重要性>

今回甚大な被害をもたらしている熊本県球磨川水系の浸水想定エリアと、実際の浸水エリアを比べてみるとほぼ重なっている。

ハザードマップを確認するのがいかに重要かこの重なりをみると分かると思う。

確認し避難行動にいかすことが命を守るポイントになる。