4日、記録的な大雨となった九州では、6日朝から、鹿児島などで猛烈な雨が降っている。

一部で土砂崩れの被害が出ている、鹿児島・垂水市から中継。

周辺で崖崩れが起きている国道沿い。
足元を見ると、あふれ出た土砂で、アスファルトがすでに見えなくなっている。

崖崩れの現場は、国道沿いからは見えづらくなっているが、流れ出た土砂が周辺の用水路を次々にふさいだため、あふれ出た土が国道に流れ出ている状況。

そして、周辺の住民らが協力して、土砂の撤去を行っている。

また、画面右側の鹿屋市方面。
ところどころで似たような状況が起きていて、渋滞が発生している。

現在、県内では一部に避難勧告を出し、住民に速やかな避難を呼びかけている。

今後の雨次第では、崖崩れの被害がさらに広がるおそれもあり、今後も厳重な警戒が必要。