18日は敬老の日。

国内の65歳以上の高齢者人口は、初の減少となったが、総人口に占める割合は過去最高を更新した。

総務省のまとめによると、9月15日時点の高齢者数は推計で3,623万人で、2022年より1万人減り、初の減少となった。

一方、総人口に占める高齢者の割合は29.1%と過去最高を更新し、世界でも最高水準となっている。

総務省では、高齢者人口の減少は2023年に新たに「高齢者」にカウントされる年代が、いわゆるベビーブームの「第1次」と「第2次」の谷間に当たったための現象で、今後も少子高齢化の傾向は変わらないとみている。