東京・世田谷区で、右折を待っていた車が発進したところ、左側から初心者マークをつけた黒い車が割り込んだうえ、運転手が何か暴言を吐き、中指を立てて急発進したという。一体、何があったのか。

「やばいのが来た」

現場は東京・世田谷区の上馬交差点。11日午後3時半ごろ、割り込まれた車は、一番右の車線で右折のタイミングを待っていた。

割り込んだ黒い車。後部右下には初心者マークがついている。
割り込んだ黒い車。後部右下には初心者マークがついている。
この記事の画像(19枚)

信号が右折OKの矢印に変わったため車を発進させたところで、問題の黒い車が強引に前へ出てきた。割り込まれた女性は、当時の状況について「(他の車の)クラクションが鳴った直後に、隣にすごいスピードで入ってきたので、何かやばいのが来たなと思った」と話す。
女性によると、黒い車は黄色のラインをまたぎながらレーンの先頭に出て割り込んできたという。

「窓を開けて、わーっと暴言」中指立てて走り去る

初心者マークをつけた黒い車は、なぜ危険な割り込みをしたのか。

現場の交差点を取材すると、車線は右折専用ではなく直進もできるため、車線をまたいで右折待ちの車を追い越していく車が多く見られた。

クラクションを鳴らすと、ドライバーは女性をにらみ何かを叫んできたという
クラクションを鳴らすと、ドライバーは女性をにらみ何かを叫んできたという

問題の黒い車も交差点を直進しようとしたのか、右折の矢印が出ていても右折せずに停車した。右折しようとしていた女性は強引な割り込みに危険を感じ、クラクションを鳴らしたという。すると、黒い車のドライバーが女性をにらんだあと、何かを叫んできたという。

割り込まれた女性は「こんなすれすれで横に来たので車が通れなくて、本当にぶつかる寸前だったので、(クラクションを)鳴らさないわけにはいかない。何を言っていたかはわからないが、窓を開けてわーっと暴言を吐いていた」と話す。

中指を立てたドライバー。渋谷方面に「爆走していった」という。
中指を立てたドライバー。渋谷方面に「爆走していった」という。

信号が青に変わると、黒い車は渋谷方面に走り去っていった。
その際のドライバーの行動について、割り込まれた女性は「爆走していった。中指を立てて。怒りを通り越して、意味がわからなかった」と語った。

その後、女性は警察にこの事態を相談したという。

(「イット!」9月13日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(19枚)