7月1日からレジ袋の有料化がスタートした。これに合わせ岩手県北上市のコンビニエンスストアでは市と協力してマイバッグの利用を呼び掛けた。

大手コンビニのセブンイレブンでも、7月1日から全国の店舗でレジ袋の有料化が一斉に始まった。

7月1日は北上市の高橋敏彦市長も訪れ、利用者にプラスチックごみ削減の重要性を呼び掛けた。

店舗では、買い物に訪れた人に、レジ袋が有料になった事を伝え、レジ袋が必要かどうかを尋ねていた。

利用者

「やっぱり回数が増えると、金額も大きくなりますので、これ(マイバッグ)があるといいですね」

利用者

「少し多めだったので手で持って帰りたかったんですけど、レジ袋にしちゃいました」

セブン‐イレブン・ジャパン 齋藤貴英 さん

「レジ袋の販売が目的ではなく、お客様にマイバッグを持参していただいて、プラスチックごみの削減ができればいいなと思っています」

理解を示す人は多いものの、店舗では今後も積極的にレジ袋有料化の告知をしていきたいとしている。