新型コロナウイルスの影響で例年7月1日に行われている岩手山の山開き式が2020年は中止となった。岩手県八幡平市の焼走り登山口では参加人数を減らして山の安全祈願が行われた。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、滝沢市や八幡平市などの登山口で例年行われている岩手山の山開き式が中止された。

こうした中、八幡平市の焼走り登山口では一般の登山客を参加させず、市の関係者だけで山の安全と新型コロナウイルスの終息を祈願する神事が開かれた。

報告:柴田 光太郎アナウンサー

「例年は山開き式の後に多くの登山客が訪れますが今日は閑散としています」

八幡平市観光協会 事務局長 中軽米(なかかるまい)昭彦 さん

「密になることと人の集まりを避けるため関係者だけで神事を行った。岩手山の無事を願っている」

なお、岩手山に続く7つの登山口は全て開放されていて八幡平市観光協会では密を避けながら登山を楽しんでもらえればと話している。