皇族や総理大臣の海外訪問に使われる政府専用機。

去年まで使われていた機体の貴賓室が、1日から一般公開されています。

浜松市西区にあるエアーパークの再開にあわせ公開が始まった、旧政府専用機の貴賓室。

執務用の机や衛星電話、座席の前には大きなソファベッドも備えつけられています。

1992年から去年3月まで、皇族や政府関係者、それに国賓などに使われた機体の一室で、これまで防犯上の理由から見学することはできませんでした。

また、総理大臣が同行した記者に会見を行う際に使う部屋も、実際に使われていたいすや机とともに再現されています。

エアーパークへの入館は感染対策のため、当面メールでの事前予約が必要です。