NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer 初日公演

NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer の初日公演が7月30日東京・中野サンプラザホールで行われ、メンバーの山本彩がNMB48を卒業することを発表した。

アンコールで山本彩がNMB48を卒業すると発表

アンコール1曲目の「虹の作り方」では、この日の選抜メンバー16人に加え、PRODUCE48に参加している2人を除く、41人のNMB48メンバーが客席後方からなだれこみ、ステージは57人に。全員で「365日の紙飛行機」を披露した後、山本彩が「私、山本彩はNMB48を卒業します」と卒業を発表。

©NMB48
この記事の画像(4枚)

「ここ数年、何度も『卒業』という2文字が浮かんでは消えていた」ことを明かし、自分以外のセンター曲を俯瞰で見たところ「私が離れた方がNMB48の起爆剤になる」「若いメンバー、新しいメンバーにこれからのNMB48を作ってほしい」と卒業を決意した理由を語った。

卒業日程は後日発表、卒業後も音楽活動は続ける

一方、「生涯現役で、もっと音楽の勉強をしてみなさんの前で歌っていきたい」とNMB48を卒業しても、音楽活動を続けていくことを明らかにした。

客席からの「さやか」コールに感涙する場面もあったが、メンバー全員の前で卒業を伝えることができたことに安堵したようで、最後の曲「青春のラップタイム」では笑顔を見せ、会場も大盛り上がりとなった。山本彩は去り際に、「25歳になったんですが、25歳だって人生まだまだこれからだと思っています。私の人生も、これからのNMB48の人生も、より素晴らしいものにしたいと思います」との言葉を残した。

©NMB48

卒業の時期など詳細は後日報告するとしている。

山本彩ツイッターより

私、山本彩はNMB48を卒業します。

ツアー初日、これから始まりという時に
発表する形になってしまいごめんなさい。

NMB48に入って10月で8年になります。

密度の濃い時間を過ごさせて頂き
今日まであっという間の日々で
嬉しいことや楽しいこと、辛いことや悲しいこと
沢山経験してきました。

そして、その間に
何年も何度も卒業の2文字に悩み
向き合ってきました。

考えては取り消して
もっと自分にできる事があるんじゃないかとか
もっと皆と一緒に頑張りたい
NMBを盛り上げたいという思いで
がむしゃらにやって来ました。

でも、ここ数年では
新しくセンターに立つ子がいたり
私がいない環境でも、ひとりひとりが輝き
グループとしてひとつになってLIVEをしたりと
頑張っているのを一歩引いてみていると

「私がいない方がいいのかもしれない」というより
私がNMBから離れる事が
今以上にグループとして成長する
良い起爆剤になるのではないかと思いました。

メンバーもどんどん入れ替わるけど
だからこそ、常に今がベストという気持ちで
今いるメンバーをはじめ
新しく入ってきてくれた子や、若いメンバー達が
これからのNMBを引っ張って
新しいNMBを作って行ってほしいと思っています。

まだまだ弱くて未熟な自分もいるけど
寂しさや不安を理由に踏みとどまったら
これから先、決心する事が出来なくなって
前に進めないんじゃないかと思ったし
挑戦してこそ、豊かな人生だと思って
勇気を振り絞って決めました。

卒業後も、私の夢は終わりません。
生涯現役を目標に、もっと音楽を勉強して
皆さんの前に立って歌い続けたいと思っています。

今まで、何があっても前だけを見て
踏ん張ってこられたのは
メンバー、スタッフの皆さん
そしてどんな時も支えて下さった
ファンの皆さんの存在のおかげです。

本当にありがとうございます。

卒業の日などは、また改めて
ご報告させて頂きますが
残りの時間、NMBの為に
出来ることを全力でやり切るので
最後までどうぞよろしくお願いします。

©NMB48