7月の始まりと共にレジ袋の有料化が始まりました。各店舗では様々な対応がとられていますが、みなさんの買い物袋は?

 7月1日から始まったレジ袋の有料化。まずは生活に一番身近なコンビニエンスストアで買い物をした人たちに話を聞いてみました。

 市民:「たくさん買う時は少し大きめのエコバッグをもって買い物に行きます」

 市民:「レジ袋です。今職場からだったので(エコバッグを)持っていない。財布とか手に持っていると移動とか大変なので、袋があった方がいい」

 市民:「(エコバッグを)持ってはいるが持ち歩いてはいないです。慣れないですね。あんまりエコバッグを持つという習慣がなかったので携帯しておこうかなとは思っています」

 市民:「無いの~。確かこのかばんには入れてなかったと思うのよね。あ!入れていたことには入れていたんだ~3円でもダメですよね。気を付けないと」

 生鮮食品を扱う店でも、レジ袋有料化の影響が。

 遠藤水産・越智孝博さん:「やはり水物になるので、こちらの透明な袋にいれてお渡しするような形、レジに持って行っていただいてお客様でレジ袋が必要か判断していただく」

 この店では、一回の買い物につきレジ袋を何枚使用しても5円という価格設定をしています。

 市民:「買いません。(持ちづらくない?)大丈夫です。すぐ近くに車があるので、保冷材の入ったエコバッグに入れて持ち帰るんです」

 安さが売りの100円ショップでも7月1日から有料化が始まっています。

 市民:「これから使うので買ってもいいかなと思って買いました」

 環境に配慮した新しい買い物のスタイルが始まっています。