水辺の事故を防ごうと1日、黒部市や入善町、朝日町の海岸で安全点検が行われました。

安全点検は、夏本番に向け水辺の利用が増えるのを前に、国土交通省の黒部河川事務所が毎年実施しています。

点検では、職員が歩きながら護岸や堤防にひび割れがないか確認したり、工事中の場所にキャンプ場の利用者が誤って入らないようロープやパイプ柵の点検をしたりしていました。

黒部市によりますと、石田浜海岸では7月23日に海開きを予定していますが、今年は無料休憩所や着替えスペースなどを設置しないということです。

またBBT富山テレビが各市町村の観光課などに取材したところ、今年は富山市の岩瀬浜海水浴場と浜黒崎海水浴場の海開きが中止になっています。

県内そのほかの主な海水浴場や海岸では、安全祈願祭の規模の縮小や密を避けるよう求める看板の設置をし海開きが行われるということです。