熊本県は30日、新型コロナウイルスに感染していた天草保健所管内の90代の女性が退院したと発表しました。県によりますと、女性は福岡県内の有料老人ホームを21日に退去し、天草保健所管内の自宅へ戻った翌日感染が確認されました。遺伝子検査の結果、2回続けて『陰性』だったため退院したということです。一方、神奈川県横浜市から阿蘇保健所管内の実家に帰省したあと横浜市の検査で『陽性』が判明した10代の男性は、現在も県内の医療機関に入院中ですが熱や咳などの症状はないということです。