7月に入った1日、西日本最高峰の石鎚山がお山開きを迎えました。例年なら信者たちで賑わう神事は今年、新型コロナウイルスの影響でひっそり営まれました。

西日本最高の1982メートルの頂がくっきり見通せます。石鎚山は1日にお山開き。7合目にある石鎚神社の成就社では、今年も午前6時半から出発の神事が行われましたが…。

宮司「特別なる形で行われることとあいなりました」

例年なら全国各地から大勢集まる信者の姿がほとんど見られません。今回は神社が新型コロナウイルスの感染を防ぐため、信者に参加の自粛を呼びかけ、参加したのは神職や氏子総代ら20人余り。静かなお山開きになりました。

権宮司「成就社より頂上社に向け御神像出御いたします。いくぞ!おー」

神職たちは仁・智・勇の3体の御神像を背負い、列を作って山頂に出発しました。

石鎚神社によりますと信者が参加を自粛したお山開きは初めて。石鎚山のお山開き行事は今月10日まで行われ、安心安全を一番にした登山を呼びかけています。