新型コロナの影響を受けている飲食店や宿泊施設を支援するため島根県が発行するプレミアム飲食券と宿泊券の申し込み受付が、7月1日から始まった。

しまねプレミアム飲食券と宿泊券は、県が約15億円をかけて発行し、飲食券は6000円分を4000円で50万セット、宿泊券は5000円分を3000円で9万セット、先着順で販売する。1日から始まった申し込みの方法は、インターネットの専用サイト、電話、ハガキのいずれかで、申込期間は飲食券が今月31日まで宿泊券が9月30日まで。

丸山知事:「多くのの県民に購入してもらい、県内経済回復に力添えをしてほしい。」

あらかじめ登録された県内の飲食店と宿泊施設で今月10日から利用が可能で、1日午前の時点で733の飲食店と215の宿泊施設が登録されている。また市町村が独自に発行するプレミアム券と合わせて使うことができ、県は外食需要の喚起や県内旅行の促進を図ることにしています。