30日、砺波市でベトナム人の技能実習生の男が、同居する男性を刃物で切り付けたとして殺人未遂の疑いで逮捕されました。男は、殺意を否認しているということです。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、砺波市のベトナム人技能実習生、グエン・ヴィ・ティン容疑者(26)です。グエン容疑者は、30日午前7時20分ごろ、砺波市千保の従業員寮で、同居する32歳の男性を包丁で切りつけた疑いがもたれています。

男性は右腕に軽いけがをしましたが、命に別状はないという事です。

警察によりますと、グエン容疑者は切りつけたことは認めているものの、殺すつもりはなかったと殺意を否認しているということです。

2人が研修を受けていたガラス加工会社によりますと、2人は去年の末から木造2階建ての従業員寮に10人で暮らしていて、30日朝、コンロの使用方法でもめ、つかみ合いのけんかになったということです。

警察が詳しい動機などを調べています。