取締りが強化された「あおり運転」の対象に自転車も含まれたことをPRするため、警察が街頭キャンペーンを行った。

「自転車のあおり運転も厳罰化されたので気を付けて運転してください」

7月1日朝、警察がキャンペーンを行ったのは学生などが行き交う福島県福島市の交差点。

これは取締りが強化された「あおり運転」の対象に自転車も含まれたことをPRするもので、ベルをしつこく鳴らすなどの妨害運転をしないようにチラシを配って注意を呼びかけた。

中学生:「左側走行とかも厳しくなったと思うので気をつけたいと思います」

福島警察署・坂下浩一地域交通官:「自転車も車両の仲間なんだと改めて認識していただければと思います。ルールを遵守してもらって事故を防止していただくということを訴えていきたいと思います」

警察は今後も周知に力を入れていく方針。