けがれを払い、身を清める「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が30日、高岡市の射水神社で行われました。

夏越の大祓は、日常生活で身に付いたけがれを払い、無病息災を祈る神事です。

射水神社には、およそ150人が訪れ、「形代(かたしろ)」と呼ばれる紙を体にこすって半年間のけがれをはらい、高さおよそ3メートルの「茅の輪」をくぐり、健康や安全を祈っていました。

参加者は「今年初めて参加した。ありがとうございます、という気持ち。今年の夏も元気に過ごせそう」「半年間、無事に過ごせるようにという気持ちがわいてくる」

茅の輪くぐりは、7月5日まで続けられます。