新型コロナウイルスの影響で、2月末から休園が続いていた東京ディズニーランドとディズニーシーが、7月1日から営業を再開した。

およそ4カ月ぶりの再開となったが、入り口では、検温や消毒を促すなど、感染対策がとられている。

午前8時の開園前には、目印に沿って間隔を空けて並ぶ人たちの長い列ができていた。

久しぶりに訪れた人たちからは、喜びの声が聞かれた。

心待ちにしていたお客さん「もう最高! 幸せです」、「(楽しみ?)うれしい」、「感動した。うれしい」、「ずっと待ってた」

園内では、これまで行われていたのと同じようなやり方でのパレードやショーは中止され、キャラクターとのふれあいはできないが、距離を保って手を振るなどして楽しむ。

アトラクションでも、1列おきに座って間隔を空けるなどの対策がとられる。

当面の間は、入園者数を以前の半分以下に制限し、オンラインで事前にチケットを購入した人だけが入園できる。

1日午後4時からは、8月1日から7日までの入園分がオンラインで販売される。