大阪大学と共同で新型コロナウイルスのワクチンを開発している「アンジェス」は、国内で初となる人への治験を始めた。

製薬ベンチャーのアンジェスは、大阪大学と開発している新型コロナウイルスの「DNAワクチン」を30日、大阪市立大学付属病院で人に投与する治験を始めた。

治験の第1段階では、投与量が多いグループと少ないグループに分けて30人に投与し、安全性や有効性を確認する。

国内で人への投与が行われるのは初めて。

大阪市・松井一郎市長「国内産のワクチンが開発されることが、日本のコロナ患者の皆さんに一番安心していただける。いい結果が出ることを祈っている」

治験が順調に進めば、早ければ年度内に100万人分のワクチンを量産し、実用化したいとしている。