30日に発表された、東京都の新しい指標。
どう変わったのか、その理由も含めて見ていく。

まず1つ目は消防への相談件数、2つ目が、感染経路不明者の人数増加比を数値で表す。
これにより、潜在的に、市中感染がどのくらい広がっているかわかるようにした。

そして、救急搬送の状況。
20分以上、搬送先が決まらないケースなどをわかるようにした。

それによって、医療機関が今どのぐらいひっ迫しているのか、そういった状況がわかるようになった。

新指標はこのような変化だったが、大きく変わったものがある。

これまでの陽性の数値をまとめてみた。

新規感染者数で見ていく。

東京アラートだと20人以上が要請の目安で、休業再要請は50人以上が目安だった。

30日の数値を見ると、55.1人だった。
この数値、どちらの目安の数値も超えていることがわかる。

ただ30日、東京都はこういった目安をなくすと発表した。

その理由について、東京都知事は30日、「数字だけでは全体像をつかみにくい。医療現場、専門家の感覚も含めて判断していく」としている。