鳥取自動車道のトンネル内で30日朝、大型トラックと大型トレーラーが衝突、1人が死亡、1人が重傷となっている。鳥取自動車道での死亡事故は、2018年1月以来となる。

道路を完全にふさいで止まった大型トラックと大型トレーラー。積み荷も散乱していた。事故は30日午前6時半過ぎ、鳥取市用瀬町の鳥取自動車道用瀬第一トンネル内で発生。トラックを運転していた男性が死亡。トレーラーを運転していた男性はろっ骨を折るなどの重傷となった。用瀬ICと智頭ICは、事故を受けて全面通行止めとなっていたが、事故から約14時間経った午後8時半に規制は解除された。鳥取自動車道での死亡事故は、2018年1月以来約2年5カ月ぶりとなる。