香港国家安全維持法の成立を受け、菅官房長官は、記者会見で遺憾の意を表明した。

菅官房長官「わが国としては、国際社会や香港市民の強い懸念にもかかわらず、同法が制定されたことは遺憾である」

菅官房長官は、「国家安全法の制定は、国際社会の一国二制度の原則に対する信頼を損ねるものだ」と批判した。

河野防衛相「延期になっていた習近平国家主席の国賓来日に関しても、非常に重大な影響を及ぼすと言わざるを得ない」

河野防衛相は、さらに、「国際社会に対して、返還時に約束していたことが守られていない。一方的な現状変更の試みだ」と述べた。