川勝静岡県知事とJR金子社長とのトップ会談。

島田市の染谷市長は「核心をつく議論にならなかった」と不満を漏らしました。

リニアの工事を巡っては、準備工事の再開を求める金子社長が川勝知事を訪れ、初めてのトップ会談が行われました。

会談を受け島田市の染谷市長は、地元の水への思いを伝える場面があまりなく「核心をつく議論にならなかった」と不満を漏らしました。

そのうえで流域市町も含めより具体的な議論をする必要性を指摘しました。

島田市・染谷絹代市長「いままでは一滴の水も譲らないという表現であったり、建前を全面に押し出してきたわけです。今回の会談を通して感じた一歩踏み込んだ議論を流域市町も考えなきゃいけない」

水問題を巡りJRとの交渉をすべて県に委ねていた流域市町の間でも、様々な意見が出てきています。