キャッシュレス決済によるポイント還元事業が30日、最終日を迎えた。そして7月1日からはレジ袋も全国一斉に有料化となる。

 秋田県内に10店舗を展開するスーパー・ナイスでは、ポイント還元最終日の駆け込み需要で午前中から混雑していた。洗剤やトイレットペーパーなどの日用品がよく売れているという。

 この日の買い物客はキャッシュレスと現金は半分ずつぐらいの印象だったが、キャッシュレス決済利用者にポイント還元終了後の支払い方法を聞くと「支払いが楽なので使い続けたい」などと慣れた方はそのまま使うケースが多いようだった。

 また、レジ袋の有料化については「今日マイバッグデビューした」と話す人もいて、レジ袋を買うよりはマイバッグを持参する方が良いと6月に入ってから購入する人が増えたようだ。