アシやススキなどで作られた「茅の輪」をくぐり、無病息災を願う神事「夏越の大祓」が30日福井県福井市の足羽神社で営まれていた。

「夏越の大祓」は、汚れをはらうといわれている茅の輪をくぐることで、日常の中で知らずに付いてしまった、正月から半年間の罪やけがれをはらう神事。福井市の足羽山神社では、暑い夏を健康に過ごせるようにと、毎年6月30日に営まれていて、朝から多くの参拝客が訪れ、手に持ったアシで身を清め、8の字を描くように茅の輪をくぐって無病息災を願っていた。

今年は、新型コロナウイルスの早期終息を願う人の姿も見られた。