低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で静岡県内は昼過ぎから激しい雨となった所がありました。

雨は30日夜から明日7月1日 まで降り続き、警報級の大雨となる恐れもあります。

気象台によりますと30日の県内は暖かく湿った空気が流れ込み、大気が非常に不安定な状態となったため昼頃から各地で雷を伴った激しい雨となりました。

雨はこの後さらに勢いを増す見通しで、警報級となる恐れがあります。

30日正午からあす31日正午にかけての24時間に降る雨の量は、県内全域で400ミリと予想されています。

気象台は土砂災害や道路・家屋の浸水さらに河川の氾濫の危険性が高まっているとして注意を呼び掛けています。

静岡地方気象台・松本守統括予報官「あした1日の21時の段階で、やっと静岡県から東に(雨雲が)逸れていく。4時間くらいほぼ同じ状態が続きます。一度強い雨が降るとそのままある程度 継続されるというのが1つポイントです」