大阪府の泉佐野市が、ふるさと納税で過度な返礼品を贈ったとして、対象から外した総務省の決定は違法と訴えた裁判で、最高裁は訴えを認める判決を言い渡し、市の逆転勝訴が確定した。

最高裁は、「総務省が法改正前の寄付金の集め方を問題とした基準の部分は違法で無効」と判断した。

泉佐野市・千代松大耕市長「主張を全面的に認めていただいて、ほっとしている」

高市総務相は、「判決の趣旨に従い、できるだけ早く必要な対応を行っていく」とコメントしている。