トランポリンの森ひかる選手(20)が、石川県で練習を公開。
1年後のオリンピックへ再び動き始めている。

森選手は2019年、世界選手権で優勝を果たし、オリンピック代表に内定。

2020年1月には、新成人として晴れ着に身を包み、オリンピックイヤーを“笑顔”で迎えていた。

しかし夢の舞台は、1年延期に...。

森選手「正直、自分じゃないくらい笑顔も消えましたし、自分が思っていた以上に、苦しい期間が続きました」

練習ができない間は、自宅で縄跳びや、体幹トレーニングを行っていたという森選手。

気持ちが切れそうになる中、前を向く力をくれたのは、トレードマークの“笑顔”だったという。

森選手「笑うと気分も上がるので、笑顔を忘れないようにしたいと感じた。自分の力をしっかり出し切れるように、あと1年がんばっていきたい」