サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ再開を前に30日報道陣へ練習を公開しました。その中で金明輝監督は「タフに戦えたら勝機はある」と初戦への意気込みを語りました。

副キャプテン原川力選手:「チーム的にもより積み重ねが出てきている。ゲームをやっていてもよりスムーズにチーム全体が動いているなと感じるので開幕が楽しみ」

J1リーグが7月4日から再開するのを前に、サガン鳥栖は30日報道陣へ練習を公開しました。

選手たちはウォーミングアップなどを通して精力的に体を動かした後、ゲーム形式の練習で連携を確認していました。サガンは再開後アウェーで大分トリニータとの初戦を迎えます。初戦に対し、金明輝監督は次のように話しました。

金明輝監督:「決定機はお互いにたくさんあると思うので、そこで(得点を)決めきるとかやり切る強さと、継続してタフに戦えたら勝機はある」

一方、ホームゲームは7月8日、ヴィッセル神戸と対戦する予定です。