東京都は、新型コロナウイルスの感染拡大の兆しがあるかを判断する際の、新しい指標を30日に公表する。

小池都知事「専門の方のご意見を取り入れながら、午後に発表させていただきます」

新しい指標は「東京アラート」解除後、検討が進められていたが、関係者によると、新規感染者数など、これまでの指標は一部残すが、医療を十分に提供できるかを重視し、東京消防庁への相談件数なども指標に盛り込めるか検討しているという。

一方、再び「東京アラート」を出したり、休業を要請するための具体的な数値基準は設けず、1週間に1回、専門家会議を開いて、感染状況を分析することも検討されている。

小池知事は30日夕方、新型コロナウイルス対策を担当する西村経済再生相と「夜の街」の感染状況など、現状について意見交換したあと、対策本部会議で新たな指標を決定し、都民に説明する方針。