飲酒運転で男性をはねて死亡させ、逃走したとして逮捕された男と交際相手の女。少なくとも、ウーロンハイを5杯、テキーラを5杯飲んでいたとみられている。

車道に横たわっていた男性を“ひき逃げ”

この記事の画像(8枚)

警察から身柄を送検されたのは、飲酒運転で人をはね、死亡させたうえ逃走した疑いで逮捕された、不用品回収業の早坂龍斗容疑者(22)と、そのトラックの助手席に乗っていた交際相手の清水せいら容疑者(23)。

事件は2023年6月22日未明、神奈川・横浜市磯子区で起きた。被害に遭った男性は、道のセンターラインに横たわっていて、2人の容疑者が乗ったトラックにはねられたとみられている。

車道に横たわっていた男性をはね、そのまま逃走か
車道に横たわっていた男性をはね、そのまま逃走か

警察によると、早坂容疑者は酒を飲んだ状態にもかかわらず、清水容疑者をトラックの助手席に乗せ運転。その途中、車道に横たわっていた男性をはねたうえ、そのまま逃走した疑いが持たれている。

はねられたのは無職の中澤國夫さん(78)で、搬送先の病院で死亡が確認された。

早坂容疑者はニュースで事件を知り、警察に出頭。その際、飲酒については否定したうえ、「カラーコーンのような障害物に乗り上げた」と説明をしたという。

警察は、この時点では証拠が不十分だったため、早坂容疑者をいったん帰宅させた。

しかし、その後の捜査で、事件前に2人が酒を飲んでいたことを把握。さらに、早坂容疑者のトラックが事件当時、現場を通りかかっていることも確認されたため逮捕に至った。

ウーロンハイ5杯、テキーラをショットで5杯

早坂容疑者らは事件前、JR洋光台駅周辺でおよそ4時間、酒を飲んでいたとみられている。事件前日の午後10時ごろから友人らと酒を飲み始めた2人は、2軒の飲食店をはしごし、早坂容疑者は少なくともウーロンハイを5杯、テキーラをショットで5杯飲んでいたとみられている。

早坂容疑者の飲酒を知りながらトラックに乗ったとして、道路交通法違反の疑いで逮捕された清水容疑者。調べに対し、容疑を認めているものの、ひき逃げが起きた際の状況については、「寝ていて覚えていない」と供述しているという。

一方、早坂容疑者は「人をひいたつもりはない」と供述しているという。

警察は、事件の詳しいいきさつを調べている。

(「イット!」8月2日放送より)