原子力規制庁によると、北海道電力・泊原発は、今回の地震で、現在、外部からの電源が供給されない状態となっているが、非常用電源に切り替えて対応しているということだ。

泊原発は現在、稼働を停止していて、原子炉に燃料は入っておらず、使用済み燃料プールの冷却は非常用電源で続けられている。

非常用電源は、ディーゼル発電機6台を稼働させて対応していて、泊原発では、少なくとも1週間分の発電機の燃料を備蓄しているとのこと。

原発の重要な施設に異常はなく、周辺の放射線量を計測するモニタリングポストの値にも変化はみられないということだ。

また、原子力規制庁は青森県の東通原発など、全国の原発についても異常がないことを確認している。


【関連情報】
【最新情報更新中】北海道で震度6強 未明から現在まで何が起こったか
携帯各社が災害用伝言板を提供【北海道で震度6強】