北海道の胆振地方で震度6強の強い揺れを観測する地震発生。各交通機関への影響は…。

空の便については、新千歳空港はターミナルビルが漏水の影響で閉館したため、新千歳空港を発着する日本航空で92便、全日空で130便の欠航がすでに決まっている。

鉄道については、JR東日本によると、北海道新幹線が新青森と新函館北斗間で運転を見合わせているほか、JR北海道や札幌市内を走る地下鉄や市電などが始発から運転を見合わせている。
また道内を走る17のバス会社が全線運休を決めている。

高速道路については、道東道の千歳恵庭ジャンクションから十勝清水インターチェンジの間の約120キロ、道央道の札幌インターチェンジから登別東インターチェンジの間の約100キロなどの区間で通行止めがおきている。

【関連情報】
【最新情報更新中】北海道で震度6強 未明から現在まで何が起こったか
携帯各社が災害用伝言板を提供【北海道で震度6強】