2歳児が自宅で窒息死…母親を逮捕

安宅晃樹アナウンサー:
(捜査員が運んでいるのは)おそらく崇太郎ちゃんがまかれていたと思われる敷布団です。かなり厚手の布団が確認できます

崇太郎ちゃんを巻いたと思われる布団

逮捕されたのは武田華佳容疑者(31)。2歳の長男・崇太郎ちゃんを殺害した疑いが持たれている。

死因は窒息とみられ、調べに対し武田容疑者は「泣くので布団に丸めていた」と供述しているという。

泣く我が子を布団でぐるぐる巻きに

事件が起きたのは6月23日の夜。現場は、東京・町田市にある武田容疑者の自宅。
武田容疑者は夫と2歳の崇太郎ちゃん、そして双子の長女との4人暮らしで、23日夜は家族全員で1階にいたという。

武田容疑者の供述などによると、夫に子育ての不満を口にしていたところ、崇太郎ちゃんがぐずりだしたため、抱っこして2階の寝室へ。
しかしさらに激しく泣き叫んだため、長さ2メートル以上ある大人用の敷布団でぐるぐる巻きに、そのまま約40分にわたり放置したという。

やがて泣き声が聞こえなくなったことに気がつき、寝室に戻ったところ、崇太郎ちゃんが息をしていなかったため自ら110番通報したという。

駆けつけた救急隊による搬送の様子を、近所の住民が目撃していた。

近所の住民:
心臓マッサージされて乗せられて行くところでした。お父さんらしき方が一緒に救急車に乗られていたかな。お母さんの姿は見えなかった

崇太郎ちゃんは病院に搬送されたが、その後 死亡が確認された。

低体重児で生まれ、泣くことが多く…母親は近所迷惑を懸念

武田容疑者は「泣き声が近所に聞こえるのが気になって巻いた。泣きやませるために何度か巻いたことがある」と話しているという。

崇太郎ちゃんは体重500グラムの低体重で生まれ、病気の影響などで双子の姉と比べても体が小さかった。
普段から泣くことが多かったことから、武田容疑者は近所迷惑になっているのではと気にしていたという。
あまり人付き合いがなかったという武田容疑者を、町内会に誘った町内会長はこう語る。

町内会長:
「ごめんなさい」「子供に手がかかって余裕がないんです」と。「大変なんですよ、子供のケアとかがあって」という言い方をして

調べに対し武田容疑者は「殺すつもりはありませんでした」と話し、殺意を否認。警視庁は虐待の疑いもあるとみて捜査を進めている。

子育てを”孤立”させない仕組みを

加藤綾子キャスター:
なんとも痛ましい、そして悲しい事件ですよね

別所哲也さん:
我が家も娘は超低体重児で生まれて、1歳になるまで本当に不安を抱えながら子育てをしました。今すくすく幸いにも育ってますけど、こういった事件を聞くたびに、やっぱり子育てって孤立させちゃいけないんですよね。
近所のことを気にされたとか、そういう風に巻いたら泣き止んだのでと言うことを聞くと、もちろん父親や家族があったとはいえ、そういうことを相談できる、、もっともっと彼女を支える社会とかコミュニティーとかがあったらなと本当に思ってしまう

加藤綾子キャスター:
近所迷惑を気にしすぎて孤立してしまったのかもしれませんけれども、どこかで相談できる場所がなかったのかなと悔やまれますよね

(「Live News it!」6月24日放送)