長野市で新たに1人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。県内での新規感染者は先月12日以来、37日ぶりです。

感染が確認されたのは、長野市の30代女性です。市によりますと、女性は16日に喉の痛み、鼻水、17日には38度の発熱、全身に倦怠感の症状が出たため、保健所に相談し、医療機関を受診しました。18日にPCR検査の結果、「陽性」が判明、きょう、感染症指定医療機関に入院しました。現在、症状はないということです。

市の聞き取りによりますと、女性は「この2週間、県外へは出ていない」と話していて、感染経路については、現時点で「不明」としています。

濃厚接触者は、同居者1人、それ以外に10人です。いまのところ2人に風邪のような症状があるということです。市は、全員PCR検査を予定しています。

県内での新規感染者の確認は、先月12日以来、37日ぶりです。これで77人目の感染者となります。うち、75人が退院しています。(空港検疫除く)

(画像:国立感染症研究所)