2歳児が車内で死亡...父親はテレワーク中

6月17日午後、茨城・つくば市の小学校の駐車場で、2歳の次女が心肺停止の状態で発見された。約7時間車内に放置されたとみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

警察によると、17日午前8時ごろ、父親は長女(8)と次女を車に乗せて自宅を出た。長女を小学校まで送り届けると、父親は自宅に戻りテレワークをしていたという。

母親も仕事に出かけ、自宅にはいなかった。

そして午後3時ごろ、長女を迎えに車で小学校に行ったが、その駐車場で、車の中にいた次女を心肺停止状態で発見したという。

17日は7月中旬の暑さだった

なぜ次女は、車内に約7時間も放置されたのだろうか?

警察の調べに対し、父親は「保育園に連れていったつもりだった」との趣旨の話をしているという。

17日、つくば市は午前11時47分に最高気温27.8℃を観測した。7月中旬並みの暑さの中、2歳の次女は約7時間もの間、車内に放置されたとみられる。

街の人はこの放置死について、このように話している。

街の人:
昨日(17日)もすごく暑かったので...車の中にいたら、2歳の子だし。すごくつらかったんじゃないかなって...。なんでそうなっちゃったのかは気になりますけど

街の人:
ありえないですね。子供を車の中に置いたままで忘れちゃうっていうのは...親としてはちょっとどうですかね

警察は次女の死因や当時の状況を調べている。

加藤綾子キャスター:
ちょっと柳沢さん、信じられないような事故ですよね?

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏:
いまリモートワーク・テレワークがいろいろな議論を呼んでいますけれども、一見スマートな働き方に見えていても、家の中で仕事をしながら子育てをするとかのケースを見ると、実はうちの娘もそうなんですけども。それを見ていると言葉でいうような、リモートワークとかテレワークというイメージとは違う、やっぱりメリハリがつかない生活がある。そこでストレスみたいなのは相当たまってくるような気はします。

(「Live News it!」6月18日放送分より)

【関連記事】
破裂したガス缶が突き刺さる写真が話題。炎天下の車中の温度はどのくらい?