4日午後11時頃、川崎市内の道路を走行していた車から撮影された映像には、前を走っていたバイクが突然、車道の真ん中で停車する様子が捉えられていました。

道の真ん中で突然停車するバイク
道の真ん中で突然停車するバイク
この記事の画像(14枚)

後ろを振り返ったバイクの運転者の手元を見ると、指を立てているようにも見えます。

バイクのエンジンを切り、降りてきた運転者は、「おい!」と大きな声を上げながら車の運転席側へ。

「おい!」と声を荒らげながら降りてくるバイクの運転者
「おい!」と声を荒らげながら降りてくるバイクの運転者

車を運転していた女性が窓を開けようとすると、助手席の男性が「開けないで!」と声をかけます。

バイクの運転者:ハイビームだっての!
車の運転者の女性:してないよ!
助手席にいた男性:してない!

バイクの運転者:あおり運転!
助手席にいた男性:してない!
車の運転者の女性:してないから!

二人がどれだけ否定しても、バイクの運転者は「ハイビームで照らされ、あおり運転をされた」と主張します。

業を煮やした助手席にいた男性が「ハイビーム」を実際に見せることを提案し、運転席の女性が「これがハイビーム!」と通常のライトとハイビームを切り替えて、ハイビームで照らしていなかったことをバイクの運転者に説明。

ハイビームをON・OFFして説明する女性
ハイビームをON・OFFして説明する女性

それでも、まだ納得していない様子だったものの、その後バイクに戻りエンジンをかけ、去っていきました。

車を運転していた女性:
本当に何事もなく運転していたんですよ。いきなりバイクが急ブレーキかけてきて、中指を立てる行動をしてきたんです。大きな声で言い合いみたいな感じになって。「私、なんか迷惑行為しちゃったかな」って考えたんですけど、全く(心当たりが)なくて。

これでトラブルは終わりと思ったのもつかの間、今度は先ほどのバイクが“蛇行運転”をしてきたといいます。

走り去ったかと思ったら、今度は蛇行運転をしてきたというバイク
走り去ったかと思ったら、今度は蛇行運転をしてきたというバイク

車を運転していた女性:
反対車線にはみ出るくらい蛇行運転されたんです。意図的ですね、絶対に。結構、恐怖、怖かった…。「こういう人って実際いるんだ」って。

バイクの運転者が、突然車道の真ん中にバイクを止めたことについて、若狭勝弁護士よると「場合によってはあおり運転になり得るし、安全運転義務違反になり得る」ということです。

(めざまし8 6月7日放送)