パキスタンから帰国した長野県中野市の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが空港の検疫でわかりました。

感染が確認されたのは、9日にパキスタンから帰国した中野市の30代男性です。県によりますと、成田空港の検疫所でPCR検査を受け、当時、症状がなかったので同居家族が運転する車で帰宅しました。

10日に「陽性」が判明し、県内の指定医療機関に入院しました。男性は39度以上の発熱の症状があったということです。県は、濃厚接触者は家族2人とみて、健康観察をすることにしています。